トヨタ・プリウスPHVでリッチな次世代マシンを演出|オージーワークス

トヨタ?プリウスPHVでリッチな次世代マシンを演出|オージーワークスの画像

「ブラック×ゴールド」という昔からの高級感を高める王道カラーコーディネイトで、最強PHVを目指しているオーナーはデザインワークスのフルエアロを巻き、一般的な車高調よりもさらに低車高を実現できるオージーワークス「グランドシャーク+ネオ」を装着。ワーク?ジーストST2はゴールドカラーをセレクトし、リッチ感を底上げしている。製作ショップであるオージーワークの熟練のセッティング術により、19インチで10?5Jという極太モデルを履いているのもポイントだ。ボトムまわりの重量感がエアロとともに増幅され、低重心さをアピールしている。さらに、窓枠にサテンシルバーのパネルをセットするなど、クルマ全体の質感を高めているのも見逃せない。

PHVの特徴であるヘッドライトデザインから連想されるホンダのスーパーカーであるNSXからも影響を受けてカスタムプログラムを実践しているオーナーさん。すでにブ

記事の続きを読む


×
fbでシェア
lineでシェア